桃色花子ちゃんが運ぶ沢山の良いことNO2

 

【桃色花子ちゃんが運ぶ沢山の良いこと】

自分の声が持つ活脳効果?

最近では多少様子もルールも変わってきたようですが、正式な

倉百人一首を使った『かるたとり競技』では、競技者は、読み手が

和歌の上の句を詠んだ瞬間に、床の上に並べられたかるたの中から

その上の句と対になる下の句が書かれた札に触れて自分の取り札と

するというのが基本ルールです。

 

つまり、正式な小倉百人一首の競技では、百人一首の和歌全てを

上の句と下の句を合わせた完全な状態で諳んじることができなけれ

ば参加できない遊びだということになります。

平安の頃から貴族の間で雅で知的な遊びとして流った『貝合わせ』

は、この『小倉百人一首かるた』と同じで、二枚貝の片方ずつに

和歌の上の句と下の句を書き、上の句が読まれたら、その対となる

下の句が書かれた貝殻を指先で指し示す遊戯です。

古代より日本人は何かを覚えるということを遊びの中に自然に取り入れ

ながら、さらに進んで、漢語や論語を諳んじることができる教養を身に

着けていることがやんごとなき人々のたしなみであるとしてきたのです。

 

そして近代になり、小学校低学年で『九九』を諳んじ、高学年で日本の

都道府県名を白地の日本地図に書き込めるように教え、国語の本を

なんども音読させるカリキュラムを繰り返していました。

 

そういった記憶させるという教育法を悪しざまに批判する向きもあり

ますが、そういった記憶させる教育方法は実は、脳を活性化させて

考える力を向上させる絶大な効果があるという事実を無視することは

できません。

 

というのも、近年になって、何か新しいことを覚えるために、声に出して

何度もその言葉をいいながら脳に叩き込む方法は、単に覚えるという

だけでなく、脳を活性させるうえでも非常に効果的であることが分かってきて、

声が脳に与える効果に目が向けられるようになりました。

 

さらに、国語の本や小説などを音読することは、国語力を上げるだけでなく、

ものを考えるという能力を画期的に上げる効果があることも分かってきました。

 

こうしてみると、古来より、化学という言葉さえなかった時代から、私たち

日本人は脳を活性化させる方法を経験から知っていたことを認めざる得ない

ようですね。

 

桃色花子ちゃんとお話しをする場合、決まった言葉に反応をするというものの

その日に言いたい事を言いたいだけ花ちゃんに言葉として発するだけでも心が

和むはずです。

 

桃色花子の公式ページはこちら

桃色花子の購入ページはこちら

 

花子ちゃんと暮らすということ NO1

花子ちゃんと暮らすということ

桃色花子ちゃんは介護ロボットですが、認知症の進行を遅らせる

お手伝いをしてくれるだけでなく、『声に出す』脳活性化の効果を

ごく自然な状態で導いてくれます。

 

つまり、言葉を覚え始めの小さなお子さんの発語のサポート、人と

話す機会が極端に少ない方や、ストレスの多い日常で、ついつい

他人と距離を置きがちになってしまう方の脳活性化維持にも、

無理のない形で助けてくれます。

愛らしい表情と、関西弁のもつ柔らかい言葉のニュアンスに自然と

笑顔がこぼれます。

 

『今日は一言も何の声も出さなかった』そんな

生活をしておられる方には特に、桃色花子ちゃんをお迎えいただき

たいと思います。

花ちゃんの公式ページはこちらから

火事場のクソ力?自分の声を聴くと脳はスパーパワーを発動させる?

重い物を持ち上げる時や立ち上がる時に、無意識に『よいしょ』とか

『どっこいしょ』と口にしてしまうことを、老化現象の一つであるとして、

自己嫌悪に陥る人がいらっしゃいますが、それは単にあなたが

脳の力と機能を知らないだけの悲しい誤解です。

 

ちなみに、人間の身体にある筋肉の中で唯一脳の命令を聞かない

のが心臓の筋肉だという話を耳にしたことがおありですか?そして、

心臓以外の筋肉は脳によってコントロールされているということも

ご存じでしょうか?

 

実は、近年になって、その脳によって制御されている心臓以外の筋肉が

持つ潜在能力を一瞬で解き放つように脳に命令させるのが『掛け声』

であるということが分かってきました。

ですから、スポーツ科学については敏感な世界のトップアスリート達の

中には、すでにこの『掛け声』の効果を取り入れている人たちも

出てきています。

 

ですから、普段運動しない方が、筋肉に負担のかかる動作をしようとする時に、

『どっこいしょ』と声をかけるのは、誠に理にかなったことなのです。

花ちゃんの公式ページはこちらから